ビタミンC誘導体の効果

【ベタベタ】顔の脂を抑えるビタミンC誘導体の効果

【ベタベタ】顔の脂を抑えるビタミンC誘導体の効果

【ベタベタ】顔の脂を抑えるビタミンC誘導体の効果

顔が脂ぎってテカっている時は、

肌内部の美肌成分が失われて皮脂バランスが崩れていることが考えられます。

何度あぶらとり紙を使ってもテカりが治まらない!と思って、

オイルコントロールの化粧品を使ってしまうと、

逆に水分が失われて悪循環に陥りますので、注意してください。

顔の脂(テカり)の放置で起こりやすい肌トラブル

この状態の原因は非常にたくさんありますが、主に加齢による肌トラブルや乾燥、ホルモンバランスの乱れなどが主な原因として挙げられます。

脂ぎった肌を放置しておくと、毛穴がどんどん開いていき、

その内部に雑菌が繁殖しやすくなります。

最終的に大人ニキビや吹き出物が多発する肌環境となってしまいますので、

早めの対処をしてください。

肌のテカりに効果的な美肌成分は、ビタミンC誘導体です。

この成分は肌への親和性が低いビタミンCを加工したもので、

浸透力と効果が高いことで知られています。

ビタミンC誘導体は肌内部のコラーゲン産生を促し、

皮脂バランスを安定させる効果があります。

顔の脂(テカり)に効果的なビタミンC誘導体化粧品の選び方

近年ビタミンC誘導体配合の化粧品は増えてきていますが、

激安コスメでアスコルビン酸グルコシドが配合されているものは、

人間の肌ではほとんど効果が期待できませんので、

なるべく選ばないようにしてください。

逆に、人の肌で高い効果が期待できる成分は、

「アスコルビン酸リン酸エステル」、

「イソパルミチン酸アスコルビル」、

「パルミチン酸アスコルビル酸3Na」と、表記されています。

皮膚科医などが開発した「ドクターズコスメ」と呼ばれるものは、

良質なビタミンCが配合されているケースがほとんどですので、

信頼できる存在と捉えて良いでしょう。

以上、【ベタベタ】顔の脂を抑えるビタミンC誘導体の効果についてご紹介しました。

他にも「【炎症を抑える】ビタミンC誘導体のニキビ予防・改善効果」も掲載しているので、よろしければご参考にしてください。

関連記事

  1. 【高浸透】ビタミンC誘導体「apps」の効果 【高浸透】ビタミンC誘導体「apps」の効果
  2. 【SNSで話題沸騰】ビタミンC誘導体配合の化粧水が肌トラブルに効く! 【SNSで話題沸騰】ビタミンC誘導体配合の化粧水が肌トラブルに効…
  3. コラーゲンを増やす化粧品「ビタミンC誘導体」の効果 コラーゲンを増やす化粧品「ビタミンC誘導体」の効果
  4. ビタミンC誘導体の力 ビタミンC誘導体の力: 肌の健康を増進し、老化を阻止する
  5. ビタミンC誘導体配合の保湿剤の実力とは? ビタミンC誘導体配合の保湿剤の実力とは?
  6. 若々しい肌の秘訣を解き明かす: ビタミンC誘導体による中高年へのアプローチ 若々しい肌の秘訣を解き明かす: ビタミンC誘導体による中高年への…
  7. 【対策・改善】夏の肌荒れを治すビタミンC誘導体の効果 【対策・改善】夏の肌荒れを治すビタミンC誘導体の効果
  8. 【下地不要】肌をワントーン明るくするビタミンC誘導体の効果 【下地不要】肌をワントーン明るくするビタミンC誘導体の効果

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

【炎症を抑える】ビタミンC誘導体のニキビ予防・改善効果 【炎症を抑える】ビタミンC誘導体のニキビ予防・改善効果

ビタミンC誘導体のニキビ予防・改善効果について掲載しています。

【対策・改善】夏の肌荒れを治すビタミンC誘導体の効果 【対策・改善】夏の肌荒れを治すビタミンC誘導体の効果

夏の肌荒れを治すビタミンC誘導体の効果について掲載しています。

【イオン導入】ビタミンC誘導体の効果を上げる方法! 【イオン導入】ビタミンC誘導体の効果を上げる方法!

イオン導入を利用したビタミンC誘導体の効果を上げる方法について掲載しています。

ピックアップ記事

  1. 【対策・改善】脂肌におすすめのビタミンC誘導体
  2. 【高コスパ】価格の安いビタミンC誘導体の選び方
  3. 【美肌・美白】ビタミンC誘導体の効果を実感できる濃度

おすすめ記事

  1. 【化粧水】ちふれのビタミンC誘導体化粧品 【化粧水】ちふれのビタミンC誘導体化粧品
  2. 【高濃度】ビタミンC誘導体化粧品「ライズスキンパウダー」 【高濃度】ビタミンC誘導体化粧品「ライズスキンパウダー」
  3. 【対策・改善】混合肌におすすめのビタミンC誘導体 【対策・改善】混合肌におすすめのビタミンC誘導体
PAGE TOP